FC2ブログ

アイシテルワ!の和。

ブログ名を少々変更しまして、ブログ歴2年目スタートします。よろしく(人'∀'o)ネッ!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

義父母の生き方。。。

1月の この記事 で義母が入院してから

1ヶ月半。順調に手術~リハビリと回復し、お陰様で先日退院しました。

皆さまには、温かいコメントをいただきありがとうございました


入院の時もそうでしたが、退院の時も義母が家に着いてから

 「今、帰って来ました。ちゃん何度も来てくれてありがとう。

 色々とお世話になりました。」
 と電話。

前日に一言教えてくれれば、手伝いに行ったのにぃーー水くさいワ


それどころかですね。

あの頑固じーさん(義父77才)は、義母の入院中

立派に一人で留守を守り、散歩も続け、義母の病院に通い、洗濯もして

その上、食事も自分で用意し片付けまで誰の手も借りずにやり抜いたのです。

(インスタント食品、冷凍食品、パックのご飯ばかりですが。)

私も最初のころ何度か、夕方おかずや果物を届けに行ったのですよ。

すると・・・「俺のことは、心配すんな。自分で好きなもんを食うから

気を使わんでくれ!」
と言うのです。

だから、私も「じゃあ何かあったら連絡してくださいね。」と言って

しばらく様子をみることにしたのでした。


それから、とうとう退院まで自力で遣り通しました。

私は、そのうち「腹が減ったから何か持ってきてくれ!」と言うだろうと

思ってたのに、一言の弱音も言わず日々のペースを崩さず

頑固じーさん!よく頑張りました

義母も、一生懸命リハビリに励み、患者さんの中では優等生だったようです


今まで私は「身内なんだから困った時は助け合って当たり前だし、お互い様」

と思ってきました。でも義母の入院中の二人の姿を見ていて

こりゃーー強がりでも遠慮でもなく

この夫婦の『生き方』なのだと感じました。

『何か事が起こっても、慌てず騒がず、
取り越し苦労もせずありのままを受け入れて、
今を一生懸命生きること。』
 を

義父母から教えてもらった気がしてます。


私なんか、いつもチョットしたことで大騒ぎして、

先々のことまで心配していまう未熟者です。

果たして、今を大切に生きることが出来ているだろうか

  この夫婦はすごいです。

  私たちも試練に負けずがんばりましょう



     春の花 019
             退院


  応援よろしくお願いしまーす!

   

            *ありがとうございました*

スポンサーサイト

| 嫁として | 15:40 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

義母の入院~その後。

義母が入院(1月30日の記事)してから1週間。。。

義父の様子は、毎日自分のリズムを崩すことなく

ウォーキング2時間(約9km)をこなし、体操をして

夕方は、母の病院に顔を出している。元気で何より。

食事はというと、朝はトーストにコーヒー。昼はご飯にカップラーメン。

夜は「めざしを焼いて食べる」というから

夕方、煮物とほうれん草のお浸しを届けると

「俺のことは心配せんでいいから。ちゃんと食べてるから。」

「いやいや!おかずもちゃんと食べてください。」

テーブルの上に置いてきた。

まったく可愛げのない、じーさんである。

毎日9キロも歩いて、カロリー不足で倒れられたら

それこそやっかいな事になりかねませんよ


義母の病院の方にも、チョット顔を出しておかねば

こちらは退屈そうに、テレビを観ていた。

そして病室の患者さんたち(4人部屋)に

「うちのお嫁さんです!」ニコニコしながら紹介が始まった。

私も義母の性格からして、たぶんそうだろうと思って、

小さなお菓子を用意して行ったのが早速役立った。

(ふぅーーやっぱりね。律義なのよ!この年代は。)

「お義母さん、ケーキ買ってきたけど・・・

「わぁーうれしい!夕食が6時だからお腹が空いてねぇーー
じーちゃんに何か買って来てと言っても、何を買っていいかわからん!と
言うから、うれしい!ケーキは久しぶり


二人で仲良くケーキを食べて、おしゃべり

やはり、来週の膝の手術のことを考えると不安で眠れないとのこと。。。

少しは話し相手になれて、よかった。

こんなに素直に喜んでもらえると、行った甲斐もあったというもんですよ。

「じゃあまた来ますね。次はお饅頭でも持ってきましょうか。」

「わはは!お饅頭食べたいねぇーー


義父と義母まったく対照的なこの二人。

ふたりとも、とっても性格がわかりやすいから嫁としては

まだ付き合いやすい方かもしれませんね


しばらく、あちこちピョンピョン♪跳びまわる日が多いので

ブログ更新やコメントが遅れる日もあるかも知れませんが・・・

今まで通り、お付き合い頂けるととってもうれしいです

   ポチッと!    

            *ありがとうございました*

     

| 嫁として | 17:27 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お義母さんの入院(。・´_`・。)

もうすぐお義母さんの誕生日

今年は何をあげようか?節約生活中だから手作りしようか。

なんて考えていた昨夜。義母からの電話。

「急なんだけど、明日から入院して、手術することになったから!」
(この人↑よりもう少し若い。73才)

2年くらい前に、転んで膝を傷めてから最近は、杖を突いて

整骨院に通っていた。

ある講演会で医師に「手術すれば治る。」と聞いたのがきっかけで

検査・入院・手術することに決めたらしい。

三人の子供には、何も相談せず入院の前日になっのお知らせである。

1ヶ月半の入院という。


義父ならまだしも(と言ったら悪いけど)、義母が入院となると
(似てます↑こんな感じ。)

実家には、義父ひとり・・・どうすんの?ご飯とか・・・

「お父ちゃんには、色々教えたし買い物もたくさんしてきたから大丈夫!

何かのときは、よろしくね!usagiちゃん!」
 である。

なんだか、妙にサバサバしてますね。お二人さん。


義父母とは、過去このブログにも登場した↓こんな関係。。。
             (カテゴリー:嫁としてよりどうぞ!)
なんでこんな大事なこと二人で決めて

立派な?子供が三人もいるのに相談もなしなわけ~~


嫁の私としては、信じられない親子関係と思ったわけです。

まあこのドライとも言える関係は今に始まったことじゃないけれども。


(まだ読んで下さる方は↓)

≫ Read More

| 嫁として | 16:25 | comments:27 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お義父さんに取られた!

休日だった昨日、早めの『クリスマス会』をしました。

今年は地味~にですよ。

メンバーは、義父母・夫・息子・私の5名です。

お料理のメニューは・・・

*チキンの香味焼き(手羽先をタレに漬け込み、グリルで焼いた)

*サラダ(キャベツ・人参・生ハム・玉ネギ・チーズ・トマト)

*大豆の五目煮

*大根と昆布の自家製漬物・ほうれん草のお浸し

*ご飯・みそ汁

何てことはない、和洋セッチュウの献立です(写真なし公開

でも、一緒に食卓を囲むというだけで、義父母も息子も

うれしそうでした。キモチキモチ


食事が終わると、 VS に分かれて

おしゃべりタイム息子はうろうろしながら、遊んでました。

男のおしゃべりは、仕事のことがほとんどのようでした。

この不況をどう乗り切るかってことになります。やはり

女のおしゃべりは、家族のはなし。安い八百屋が出来た話。足腰が弱った話。

白髪の話。健康ネタ。

義母は話し好きだし、そして私も負けず?に話すので話題は尽きません。


そこで、があの日(18日の記事「寒さに負けるな!グッズ」)以来

えらく気に入って、休日家の中でもはめている ネックウォーマー!へ視線が

「どこに売ってるの?いくら?」としきりに聞いていました。

どうも自分が欲しいというより が散歩する時用 に欲しいらしい。

今すぐにでも欲しい!雰囲気満々だ

そこで嫁は考えた

「私のこれで良かったら、ありますよまだ使ってないから」

まさか私が自分が着用している姿をブログにアップした事など

知るわけもないからいいんですよ


「おとうちゃん!これちゃんがくれるって

無邪気に喜ぶ義母チョットかわいい

本当は、夫と私がペアで使うはずだった ネックウォーマー

オヤジと息子がペアで愛用することになったのでした。

えっ色が派手だって

じーさんは意外に、オレンジやピンクが似合ったりするから

大丈夫と思います  


     笑えるネックウォーマーに・・・ポチッとよろしくです!

             

               *ありがとうございました*

| 嫁として | 17:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お前と呼ばないで下さい!

私のことを お前と呼ばないで下さい 

言いたくても言えない人がいるんです。

お義父さんです。この記事に出てきたです。

先日、買い物帰りに様子を見に行ったら、いつものソファーに座ってましたよ。

私 「お変わりないですか?」

 「おう、げんき元気!」

最近、夫の仕事が忙しくまったく実家にも顔を見せてないので、

私 「毎日帰りも遅く、睡眠時間も取れてないので、体調が心配です。」

ポロッと正直な気持ちを話したら・・・

お前が心配してもしょうがなかろうもん!仕事なんやから!

 俺は、はエライと思う。俺には、あんな仕事はできなかったから」
と返ってきた。
 
その後も何度も、お前がとかお前はとか  

「そうよ。働き盛りだから仕方ないよ。○○ちゃん」

お義母さんは、私をちゃん付けで呼ぶ。


夫と結婚したのは、20代前半だったからもう嫁としては、古株かもしれません。

しかし義兄の嫁のことはいつでも○子と呼び、

義妹のことも○子とメロメロの愛情を込めて呼ぶくせに

もちろんみんな集合した時は、一応私も名前で呼んでもらえますけど。


私は、近くに住んでて見慣れた顔かもしれませんが

お義母さんのことを 「かあちゃん」とか「お前」とか言うのとごちゃまぜに

しないで頂きたい。それは、私の方が義姉よりも随分先に嫁に来た親しみなのか

私は変な冗談言って笑わせたりもするからくじけない嫁と思っていらっしゃるのか

わかりませんよ。の心情は・・・


夫にさえ、お前と言われたことは滅多にありません。派手なケンカをした時くらい

なのになんでお義父さんに「お前」と呼ばれる必要があろうか?

「今年中に一度は食事に招待しなきゃだろうな

思ってはいるので、お酒が入ってご機嫌になった頃

「私は、前でも後ろでもない○○でございますけど」 

言っちゃおうか?やめといた方がいいかな?

だってスッキリお正月迎えたいんですもの



応援よろしくお願いいたします。
                    ポチッと!
                         


                      *ありがとうございました*

| 嫁として | 17:04 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嫁として・・・

先週に引き続き、またお祝いごと。

まあその逆じゃないから、喜ぶべきですが出費がすごいです。今月は

今日は、義父の喜寿の

夫の両親、兄・妹の家族はみーんな同じ区内に住んでますから、

全員集合で、肉好きの義父を囲み、バーベキューパーティをしました。


義父母は、我が家からスープの冷めない距離 同じ町内に住んでいます。

だから何かあると、義兄宅でなくまずうちに連絡があり、夫は仕事でいませんから

嫁の私が様子を見に行くことになります。

病院へ送迎したり、買い物を頼まれたり、夕飯のおかずを届けたりくらいの事です。。。

義妹の方が言いやすいと思うのだけれど、娘には心配かけたくないらしい。

私も、「困った時はお互いさま!」の気持ちで、出来ることはやってきました。


でも今だ思い出すと、許せなくなる事が過去にあるのです。

末っ子(息子)を妊娠中のこと、義妹も同時期に妊娠していたのですが

「嫁の場合は今まで心配したことはなかったが娘のお産は心配でたまらない」と

私に面と向かって言ったこと。

「次は絶対男」と何度となくプレッシャーをかけられたこと。

やっと出産した翌日には「これで○○家が絶えないですんだ。」と言われたこと。

(義兄夫婦は子どもをもつ気がなさそうだったため)



この無神経な言葉だけは、今だに忘れることはできません。

しかし今日、パーティーの最後に皆に義父がお礼を言いました。

「今日はこんなお祝いをしてもらえるとは、思っておらずうれしかった。本当にありがとう。

友人ともよく話すのだが、子供が3人いて皆揃って近くにいてくれる人は

なかなかいない。自分は本当に幸せものだと思う。これからも毎日身体を鍛えて

将来、みんなに迷惑をかけることのないようにしたいと思っている。ありがとうございました。」


私たちが、結婚した頃は真っ黒だった髪の毛も今ではこんな感じ。

でも身体は、夫より引き締まり、姿勢もシャンとしています。

ユニクロの赤いチェックのシャツ(去年の誕生日にプレゼントした)を着た

 じーさん はとてもかわいくて、立派でした。


いつまでも、根に持つのは止めよう

お義父さんおめでとう


ランキング参加中です!応援よろしくお願いいたします。
   ポチッと!
             
                     *ありがとうございました*





| 嫁として | 00:50 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |